FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カギビト』50(ライトノベル)


 舞台袖からステージに現れた青年の姿を見て、楽美、愛凛、正則は笑顔になった。
 楽美は場所をあける。そこは、今登場した青年の場所だ。
 蒼いギターを肩に背負い、ヘッドフォンを首にかけた青年。そう、『クール』こと氷鉤蒼眞の場所だ。
 蒼眞はマイクスタンドの前に立ち、全力で叫んだ。
「遅れて悪いな! さっそくいくぜ! 『STARTER』!」
 蒼眞の雄叫びで、曲が始まる。ハイスピードなナンバー、『STARTER』だ。
「わあああぁぁぁあぁぁぁぁぁー!」
 観客の大絶叫で、ステージ全体が大きく揺れた。
 クランチに設定した音で、蒼眞はギターを掻き鳴らす。トップノートだけを変え、曲のテンションを保った。
 そこに愛凛のブライトで伸びのある旋律が乗る。
 正則はフットペダルを二つ使用し、バスドラムをテンポよく叩いた。
 楽美はエイトビートをパワフルに刻み、曲の地盤をしっかり固める。
 バンドメンバー全員の心が揃った時、『コバルトブルー』は完成間近となる。後一つ、涼やかな声がメロディに 乗れば、完成だ。
 蒼眞は歌い始める。
 テクニカルなミュートを絡めたリフが目立つAメロ。
《ここから始まる君のストーリー
 ノンストップで駆け抜けよう
 いつも前を見て 振り返らず 走ってみたい》
 ベースラインが鮮やかなBメロ。
《悲しいこともやっぱり起きるけど 関係ないんだ
 行けるところまで
 最終的には翼はためかせ 大空飛び出せ》
 疾走感が爆発するサビ。
《この広い世界は僕だけの 君だけのもの
 遥か先の未来を手に入れてみせるよ 必ず》
 衰えるどころか、さらにテンションを上げていく二番。
《終わることのない君のストーリー
 次のステージへ突き進もう
 いつも前向きで クヨクヨせず 笑っていたい
 辛い世界が立ち塞がるけど 関係ないんだ
 行けるところまで
 最終的には君だけの夢を掴め
 掴む
 この眩しい光は僕だけの 君だけのもの
 まだ見ぬ明日へ飛び出して
 Yeah》
 蒼眞が叫び、愛凛のギターソロが始まる。抜けのいいサステインは観客の心に鮮やかな光を想像させた。
 ソロの終わり近く、蒼眞と愛凛のギターがユニゾン。オクターブ違う音達が共演した。
 『コバルトブルー』が、観客が、最も盛り上がるサビ。
《この広い世界は僕だけの 君だけのもの
 遥か先の未来を手に入れてみせるよ 必ず
 ああ 闇の果てに見えるだろう 輝く光が》
 最初のアルペジオに戻り、曲が終わった。
 それでも、終わらない。
 終わらない。
 曲は終わっても、終わらない。
 興奮が。
 歓喜が。
 感動が。
 終わらない。
 観客は、いや、『コバルトブルー』のメンバーでさえ、息を呑んだ。
 拍手は起きない。
 起こせない。

 鮮やかに紡がれた曲は、聴いていた人々に様々な想いを抱かせる。
 清谷舞依はこれから友達ともっと仲良くしようと思った。緋色や、蒼眞や、木塚や、佐山とさらに絆を深めようと誓った。
 小橋楽美はもう一度プロのベーシストを目指そうと決意した。やっぱり音楽は楽しいと、心の底から感じた。
 桐崎将悟は自分の胸に刻む。強くなる、と。自分に負けないように強くなると、欲望に負けないように強くなると。
 夏代朱色は生きていくと決めた。緋色とともに、蒼眞とともに、彼らと同じ世界で生きていくと決めた。
 佐山春雅は人間の強さを感じた。人間はこんなにも眩しいのかと驚き、自分もそんな人になりたいと望んだ。
 夏代緋色はもっと誰かの闇を取り除いてあげようと思った。大事な人達のためにもっと努力がしたいと思い、想った。
 氷鉤蒼眞は改めて気づいた。闇の果てには必ず光があると、そう気づいた。
 闇を乗り越えた人は再び、以前より輝きを増すことができる。現に、蒼眞が見てきた人達はそうだった。
 だから、蒼眞は思う。
 闇は人を強くするために必要なのだ、と。
 つまり、闇は最初から消されるために存在している。人が乗り越える壁としてあるのだ。
 蒼眞はそう確信できた。
 なぜなら、闇の果てには必ず光があったから。必ず笑顔があったからだ。

 静まり返ったホールで、蒼眞は不敵に笑う。
「じゃあ、二曲目いくか?」
 涼やかな声を皮切りに、歓声が湧き上がった。

おわり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オリジナル出ましたね!

今日は羽入へ行きました!(詳細はブログでですねw)

ゆない。さんオリジナルソング出ましたね!

歌、小説、詩、ギター
もう何でもできるじゃないですか!

ちなみにスポーツのほうはどうなのでしょうか?

素晴らしい締めくくりです!

>闇は最初から消されるために存在している。人が乗り越える壁としてあるのだ。

↑これは、言葉を変えた宗教の教えのようですね。
でも、この物語を通して語るならこれ以上ないぴったりした表現で、ヒトは心の隅で、そういうことを実は知っているのだろう、と思える。

緋色ちゃんも朱色ちゃんも、きっとうまく生きていけるような気がします。それが、嬉しいな、と思いました。
fateだったら、もしかして朱色ちゃんは消していたかも知れない。
まぁ、緋色ちゃんと同化してしまった…って感じにするとは思うけど。
でも、本当はこういう形が理想なんだよ。
涙の後には笑顔もあるけど、そして、その笑顔は赤ん坊のただ無邪気なものとは違って、憂いを帯びた、いや、悲しいことを知った、より深い笑みになるだろうけど。
でも、本当は悲しいことなんてなくて良い。
そんな風にも思います。

ここまで追わせていただく過程で、いろいろな感慨が浮かびました。
深いけど、ものすごく爽やかに拝読出来たのは、蒼眞くんに投影されたゆない。さんのお人柄だったんだと思います。
音楽を奏でられる人って尊敬です。
そして、詩をすらすら描けると人物に歌わせられて良いなぁ、と思います。あかねさん宅でもよく思ってましたが(^^)

長い長い連載、お疲れさまでした!!!

こちらも面白かったです

黄色い歓声、聴こえてきましたよ。
この余韻の残る終わり方、いいですねぇ。

歌はだいぶ歌ってきたまるい色ですが、この作品で初めて知った音楽用語がありました。
作品の中に登場する曲は、ゆない。さん作詞のものですよね。
このブログに音声、アップしないんですか? 聴きたがってる人が何人もいるみたいですが。

では、ありがとうございました。

お詫び申し上げます。

前回の四コマで第二回を誤って
第四回と、うってしまいました。
申し訳ございません。

どうやらエンターキーの2を押すところ
まちがって4を押してしまったみたいです。

次回からは注意します!

kitutukiさんへ

コメントありがとうございます!
kitutukiさんのブログにもお邪魔させていただきますね!

いえいえ、いろいろと手を出しているだけで、実力は伴ってませんからww
ちなみに、スポーツですが、水泳、野球、ソフトテニス経験者です!
スポーツは好きですよ!

fateさんへ

う、嬉しすぎます!!
終わりまで付き合ってくださり、本当に本当にありがとうございます!!
 長い連載でしたので、その感謝の気持ちはとても大きいです!
fateさんからのコメントを読むたびに、とっても幸せな気分になれました! ありがとうございます!
文章でしか表現できないのが心苦しいのですが、涙が出てしまうほど感動しています! この物語を書いて良かったと心の底から思えることができました!

これからも物語を書いていこうと思います! 少しでもfateさんの作品に近づけるように、毎日執筆していきます!

最後にもう一度だけ、本当にありがとうございました!!

まるい色さんへ

連続で二つの長編を読んでくださり、本当にありがとうございます!
しかも、お褒めの言葉をいただけたので、ゆない。は照れつつも素直に喜んでいます!! いやぁ~嬉しいです!

実は、このブログに音声をアップしたいなと思っていますw
が、やり方がわからなくて……というより、ゆない。が作った曲を正式に録音していないんですよ。本当はギターと声以外にも全てのパートを録音したいのですが、これまたやり方がわからないしだいですww
理想はやはりバンドを組めばいいんですが……。しばらくは無理みたいですw

まるい色さん、いつもありがとうございます!!

kitutukiさんへ

わざわざ謝ってくださり、ありがとうございます。
気にしていませんから大丈夫ですよ! ゆない。もよくそういうミスしますw

kitutukiさんもまた四重奏小説参加してくださいね!

『カギビト』遂に終わってしまいましたね。すごく面白かったです!闇は誰でも持っていて、更にその闇の理由は人それぞれ違うこと。また、カギビトになるには、自分も深い絶望を感じたことがなければなれないという、闇を知らなければ人の闇を理解し、ロックすることはできないというところ(勝手な解釈ですが…。)がとても深いと感じました!また、歌なども入れていて新しいなと感じ、聞いてみたいなと素直に思いました。また面白い作品を書いてください。これからも頑張ってください!応援しています!

放浪中の、身でござる

ネット放浪中のkitutukiですw

ここ2,3日更新がないのでこの記事に
つぶやきまくってます。

カギビトも終わってしまいましたね。
なんか残念です

でも、ということはまた次の長編がでるということですよね。
次回も楽しみにしてます。

お疲れ様でした!

ピンヌポンヌさんへ

ぴ、ピンヌポンヌさん!!
読んでくださっていたのですね!!
嬉しいです! しかも物語に込められた作者の意図を理解してくださり、喜びの極みです!
『面白かった』とのお言葉、とても力になります! 応援に精一杯応えるために、これからも作品を書いていこうと思いました! ありがとうございます!
オリジナルの曲もブログにアップできたら良いのですが……。
最近、また新たな曲を作っています!

嬉しいコメントありがとうございました!!

kitutukiさんへ

放浪中にこちらに来てくださってありがとうございます!w

kitutukiさんのつぶやきは嬉しいですので、どんどんしちゃってください!w

もうすぐ、新たな長編小説を掲載する予定です!!
お楽しみに!

またいつでも来てくださいね!!
プロフィール
ゆない。と申します。

ゆない。

Author:ゆない。
ゆない。です! 作家を目指してます!

Author:ワキオ
ゆない。と共に作家を目指しています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者様カウンター
訪問ありがとうございます!
ランキング
ゆない。のランキングです。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
ゆない。のブロともですよ!

kitutukiブログ~みんなの趣味日記~

Stories of fate

君の知らない玉手箱

草を食む時間 ~The Grazing Time~

ajggjgjgdrikdikfff

月と氷

ようこそここへ!

夢の島を遊ぶ

あかねいろ*

かき氷2色スペシャル

カミツレが咲く街で

空のぺえじ

狂原さんのクルクル日記
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
1078位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ゆない。がオススメするブログです! こちらもぜひ!
ブロとも申請フォーム
皆さんブロともになってください!

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。