スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』8(ライトノベル)


 ルーン城の四層目。国王の部屋前。
「国王! アルタイル国王!」
 一人の兵士が慌てた様子で、扉を叩いていた。
「おい、貴様っ!」
 その兵士の横、廊下の奥から怒鳴り声が響いた。兵士はそちらに目を向け、すかさず敬礼をした。
「お疲れ様です、グライン将軍!」
 グライン将軍と呼ばれたガタイのいい男はオールバックの髪を一度かき上げてから、兵士に歩み寄った。大きな手で、兵士の顔面を掴む。
「貴様、時間を考えろ。国王は就寝中だ。それに、国王は今ご病気なのだぞ? 貴様のせいで国王になにかあったらどうするつもりだ?」
 左眉から眉間、右頬へと走る傷跡のついた顔を、兵士に近づけるグライン将軍。その両眼は凶悪につり上がっていた。
「……す、すひまへん」
 震えながら兵士が謝罪の言葉を口にすると、グライン将軍はようやく手を離した。兵士の頭にはくっきりと赤い痕がついていた。
「だいたいな、いつも言っているだろう。報告は、国王に伝える前にまず私にしろと」
「は、はい! すみませんでしたっ」
「で、なんだというのだ? 先程の盗賊団のことがなにかわかったのか?」
「いえ……そんなことより大変なんです。姫が……スピカ姫がいません!」
「なんだとっ……?」
 グライン将軍はここが国王の部屋の前だということを思い出し、声を潜める。
「……貴様、それは本当か?」
「はい。親衛隊の秋実円火が言っていましたのでたしかかと……」
「秋実円火……ああ、あの姫のお守りか。……ふむ、わかった。詳しい話が聞きたい。とりあえず移動するぞ、こっちに来い」
 黒いマントを翻らせ、グライン将軍は歩き出した。
スポンサーサイト

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』7(ライトノベル)


第一章、姫への賛美歌(ヒム)
 ケンイチと一緒に落下した女の子、スピカは目を覚ました。辺りを見渡す。ここはどうやら森のようだ。夜の闇により真っ黒になった木々が、ガサガサと揺れている。
「……ああ、やっと起きましたか」
「ひゃうっ……?」
 下からケンイチの声がし、続いて大地が動いた。
 スピカが下を見ると、地面に仰向けになっているケンイチがいた。大地だと思っていたのはケンイチだったのだ。
「ごめんなさいっ」
 スピカは慌てて体をどかした。
 それでもケンイチは動かない。仰向けのまま、じっとしている。
「あの……盗賊さん?」
 不審に思ってスピカは尋ねた。
「大丈夫、あなたのせいじゃありませんよ。着地の際に力を使い過ぎて『霊泉(ファウンテン)』がなくなっただけです。それに、あなたが長い間気絶してくれてたおかげで、もうすぐ回復しますよ」
「……よかったです」
 スピカは胸を撫で下ろした。その後、ちょこんと首を傾げる。金色の髪がフワリと舞った。
「『ふぁうんてん』ってなんですか?」
 はぁ、とケンイチが小さくため息を漏らした。
「精霊(フェアリー)の力や、精霊により『調律師』が得た力のことですよ」
 ポンと手を叩くスピカ。
「なるほど、まほーの源ですね?」
「いや……魔法ではありませんよ……。いいですか、この世の全てのものには精霊が宿っているんです。精霊は火、水、地、雷、風、光の六種類が存在します。人はこの精霊の力を……」
 喋るケンイチの顔の前に、スピカは手を出した。
「それくらい知ってます。精霊の詩(うた)が聞こえる人のことを『霊聴者(リスナー)』、特定の精霊の詩を調律し、自身の力として使える人のことを『調律師』と呼ぶんですよね? 人々はこの精霊の力を借りて、日々生活してるんです。ちゃんと知ってますよ」
 ケンイチがわずかに目を見開いた。表情の変化は少しだが、驚いているようだ。
「知ってたんですか。……ですが、それならなぜ魔法なんて呼び方をするんです?」
 顎に人差し指を当てるスピカ。悪戯っぽく笑う。
「だって、まほーみたいじゃないですか」
「……あ、そうですか……」
 呟いてから、ケンイチは立ち上がった。周囲をグルッと見渡し、歩き出す。慌ててスピカもあとを追った。
「……これからどうするんですか?」
「とにかくここから離れましょう。この森は魔物が出ますから」
「ま、魔物ぉっ?」
 悲鳴を上げ、スピカはケンイチの腕に抱きついた。小走りに移動していく二人。
 気まずそうな顔をしているケンイチは、正面を向いたまま喋る。
「……ところで、そろそろ名前ぐらい教えてくれてもいいんじゃないですか、スピカ姫?」
 警戒のため辺りに目を配していたスピカは、ケンイチに顔を戻した。
「そうでした。まだお互い名前も名乗ってなかったんですよね」
 微笑してから一転、真面目な顔になるスピカ。
「聞いて驚かないで下さいよ? 実はわたし、ルーン王国の姫、ルーン・ウィン・スピカなんです! ……ってあれ? 『スピカ姫』?」
 目をパチクリしているスピカに、ケンイチが一瞬だけ視線を送った。
「なんとなく察しは……というより確信してました。あなたがスピカ姫だってことは」
「な、なんでわかったんですかぁ? わたし、あまり公の場に出たことないんですけど……」
「秋実さんが言ってたんですよ。水色ドレスを着たそれはそれは可愛い人が姫だと」
 ボッと顔を赤くするスピカ。雪のように白かった肌を、淡いピンクに染めた。
「も、もう、まどかのバカぁ~……」
 スピカは呻いてから、ケンイチの方を向く。
「それで……えと、盗賊さんの名前は?」
 一瞬だけ目を細めるケンイチ。
「ボクは……ケンイチと言います」
「けんいち? 変わった名前ですね。東の国の人ですか?」
 東の国とは、ルーン王国と東側で国境を接している国だ。ジパンと呼ばれるその国は、ルーン王国と良好な関係を築いている。東の国出身の者は、髪や瞳の色が黒いのが特徴だ。
「……まぁ、そんなとこです」
「そうですか。まどかと一緒ですね。まどかはトーキ出身らしいですよ。けんいちさんはどこ出身なんですか?」
 ケンイチが足を止めた。伴い、スピカも停止しようとしたが、前に倒れそうになる。
「今夜はここで野宿しましょう」
 スピカを支えてやりながら、ケンイチが言った。
「の、野宿っ? 魔物がいるのに?」
「はい。どうやら森の中心付近に落下したみたいで、村や街に出るまでには時間がかかります。寝ないで過ごすわけにはいきません。ここに泊まりましょう」
「あぅぅ……」
 スピカは黒い森の奥を、目を凝らして見てみる。暗闇の中をなにかが動いたように見えた。
「きゃあ!」
 急いでケンイチの後ろに隠れた。ケンイチはスピカと同じ方を窺い、短剣を取り出した。
「『ガルライガー』ですね。かなり凶暴ですが安心して下さい。襲ってきてもボクが倒します」
「倒すって……殺しちゃうんですか?」
「……そうなりますね」
 鋭い視線を木々の隙間に送りつつ、ケンイチは答えた。その腕をスピカが掴む。
「だ、ダメです! 命を奪ってはいけません!」
 スピカの剣幕は激しかった。
「…………」
「他に彼らを退ける方法はないんですか?」
「……やつらは火を嫌いますから、たき火をすれば平気ですよ」
「たき火ですね! じゃあそっちにしましょう。わたし、燃えそうな枝を探してきますね」
 スピカはその辺に落ちている枝を拾い始めた。
 しばらくそれを傍観していたケンイチだったが、やがて彼もスピカの手伝いを開始した。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』6(ライトノベル)


 飛空挺が停めてあった場所に向かうケンイチは、窓の外にヴェロシティ号を捉えた。
「もう飛んでましたか……」
「ごめんなさい。わたしの足が遅いから……」
 女の子がシュンとなった時、無線が入る。
『ケンイチくん、こっちから君を確認した。今から一度だけそっちに機体を寄せる。その時に、垂らしてあるハシゴに掴まってくれ』
「はい」
 窓枠に足を乗せるケンイチ。女の子の方を向く。
「ボクにしがみついて下さい。強くですよ」
「えぇっ? ほんとに飛ぶんですかっ?」
「……嫌ならここに置いていきますよ?」
 女の子は下を見て、それからケンイチの顔を見た。
「わたし……行きます!」
 女の子はケンイチの体にしがみついた。
 ヴェロシティ号がこちらに寄ってくる。シェイドの言った通り、機体からハシゴが垂れていた。
 掛け声とともに、ケンイチはハシゴに向かって飛んだ。
 届かない。と女の子は判断したが、風がいい具合に吹き、ケンイチはハシゴを掴むことができた。
『ケンイチくん、危ないっ。後ろだっ!』
 安心したのも束の間、無線から声が響いた。ケンイチがすかさず振り返ると、頬を銃弾がかすめた。銃撃だ。王国の狙撃者がこちらに向けて何発も撃ってきている。
 その一発がハシゴの上部に直撃した。ロープ製のはしごなので、あっさりとちぎれる。
「……え? まさか……」
 青い顔になる女の子。そちらに顔を向けるケンイチ。
「はい。落ちますね」
「そ、そんなあぁぁ~!」
 ケンイチと女の子は、闇の中へと落下していった。
 ケンイチは女の子をしっかりと抱き締め、目を閉じた。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』5(ライトノベル)


 ルーン城三層目の廊下。
「待って下さい!」
 またもケンイチは女の子に行く手を阻まれた。
 ただし、今度の女の子は兵士ではない。水色のドレスに身を包んだ、金髪碧眼の美少女だった。
 構わず、ケンイチは短剣に手を回す。邪魔をするなら倒すという考えだ。
「わたしを助けて下さい!」
 しかし、女の子が言った台詞により、ケンイチの戦意は削がれた。腰に手を回したままの姿勢で、しばし静止する。
「わたしを助けて下さい!」
 小柄な女の子は必死にそう叫ぶ。ケンイチは無表情をわずかに変え、眉間に皺を寄せた。
「あの……一応言っておきますけど、ボクは盗賊ですよ?」
「それでもいいんです! 助けて下さい、お願いします!」
 女の子が頭を下げた。ケンイチの混乱は増す。
 そのまま、二人の間に沈黙が降った。
「姫ぇー!」
 離れた位置から、円火の声が聞こえた。
 それでケンイチは思い出す。円火が探している姫が、水色のドレスを着ているということを。
「あなたは城の者ですよね? 助けて欲しいなら、ボクではなくこの先にいる秋実さんって人に……」
「まどかじゃダメなんです!」
 女の子は顔を上げると、すごい剣幕でケンイチに迫った。
「城の人達じゃダメなんですっ!」
「……よくわかりませんが、ボクは先に行かせてもらいます」
 スルリと女の子の横を抜けるケンイチ。その前に五人の兵士が現れた。
 女の子はとっさに、近くにあった植木の陰に隠れた。
「見つけたぞ、盗賊。覚悟しろ!」
 兵士達は五人同時にケンイチに襲いかかった。
 ため息を吐くケンイチ。
「……ボク、急いでるんですよ!」
 黒いローブがバサリと翻った。腰のホルダーから五本のナイフが飛び出した。短剣よりも小振りのものだ。刀身に小さな穴があいている。
 五本のナイフは兵士達の脚を的確に射抜いた。その後、再び黒いローブの下に戻った。
 兵士達が倒れるのに合わせて、女の子が姿を現す。
「すごい、強いですね!」
 自軍の兵士、つまり味方がやられたというのに、女の子は嬉しそうだった。
「……それじゃ、ボクは行きますので」
 あきれたような眼差しを女の子に向けてから、ケンイチは一歩を踏み出した。
「あ、あの、待ってって……わ! きゃあ!」
 ドシンと、背後ですごい音がした。ケンイチは女の子が転んだのだと判断したが、歩みは止めなかった。振り返りもせず、ただひたすらに歩いていく。
「いたたた……あ! 待って下さいってばあぁぁあっ……!」
 起き上がった女の子がまた転んだようだ。しかも先程よりも盛大な音がした。
 足を止めるケンイチ。
「……えと……だからボクはあなたに構っている……っ!」
 振り向いたケンイチの視界に映ったのは、うつぶせになっている女の子と、さっきの衝撃により倒れそうになっている槍の束だった。壁に無造作に立てかけてあった槍が、鋭い刃を女の子に向けて落下する。
「危ない!」
 ナイフを操る時間はなかった。ケンイチは女の子を抱き、横に飛んだ。
 ガランガランと槍が床に転がる。そのうち何本かは、刃を地面に突き立てていた。
 もう少し遅れていたらと考えると、ケンイチは背筋に寒いものを感じざるを得なかった。小さく息を吐いてから、腕の中の女の子を確認する。
「助けてくれてありがとうございます! やっぱり盗賊さんですね、動きが素早かったですよ」
「…………」
 ケンイチはあきれることしかできなかった。先刻から、どうやらこの女の子は普通の人とは少し違うようだと理解する。
「あ!」
 自分の変な発言に気づいたのか、女の子が可愛らしい声を上げた。ケンイチの顔をのぞき込む。
「盗賊さん、怪我ありませんでしたか?」
「…………」
 ケンイチはがっくりと肩を落とした。ただ脱力しただけなのだが、女の子はそれをケンイチが怪我を痛がっていると判断したようだ。まんまるの目をさらに丸くし、ケンイチの肩を掴んだ。
「だ、大丈夫ですか? 助けを呼ばないとっ。誰か! 誰かき……むぐっ!」
 騒ぎ出す女の子の口を、ケンイチは片手で塞いだ。それから彼女を立たせてやり、自分も立ち上がる。
「とにかく、ボクは行きます。あなたはそこでおとなしくしてて下さい。そうすればさっきの女剣士さんが助けてくれますよ」
 女の子の返事を待たず、ケンイチは駆け出した。
「待って下さい!」
 女の子の叫びにも動じない。どんどん距離を離していく。
「ま、待って……うわぁ!」
 また女の子が転んだようだが、止まらない。
「行かないで……行かな……置いてかないでっ!」
「っ!」
 ケンイチは急停止した。振り返ることはまだしない。
「わたしを置いていかないで! 連れていって!」
(ボクを置いてかないで! 連れていってよ!)
 女の子の声に重なる声が、ケンイチの脳内に響く。
「お願いします! 行かないで下さい!」
(お願い! 行かないで!)
 ケンイチが振り向くと、すでに女の子が近くまで来ていた。その姿が、小さな少年とダブる。
「っ!」
 ケンイチは思わず目を逸らしていた。
 その時だ。
『ケンイチくん、聞こえるかいっ?』
 左手首につけている無線から声が響いた。シェイドのものだ。かなり緊迫した様子に、ケンイチは顔をしかめる。
「はい、聞こえます」
『そうか、無事でよかった。いきなりだけど、逃げるよ。すぐ船に戻ってきてくれ!』
「え? は、はい……」
『僕達はもう船の近くに来てる。着き次第飛び立つから、急いでくれ!』
「……わかりました」
 爆音とともに無線は終わった。
「…………」
 進もうとしていた先を、しばし睨むケンイチ。一瞬だけ顔を歪めてから、来た道を引き返し始めた。
 その手を女の子が掴む。
「わたしも一緒に行かせて下さい! 城の外に出たいんです!」
「まだ言ってるんですか? そんな場合じゃ……」
「お願いしますっ……!」
「!」
 女の子は泣いていた。大きな瞳にいっぱいの涙を溜め、痛みを伴うほどケンイチの腕を握り締めている。
「……もう、なんなんですか……」
 頭をかいてから、ケンイチは女の子の手を握り返した。
「外に出るまでですよ? では、しっかりついてきて下さいよ。ボクの手を離さないように」
「う、うん」
 戸惑いながらも、女の子はしっかりとケンイチの手を握った。それを確認してから、ケンイチは走り出した。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』4(ライトノベル)


「おらぁ!」
 ヴァイドの槍が兵士を吹き飛ばした。
「やれやれ、やっとここまで来たか」
 何隊目かわからない部隊を退け、シェイド達は宝物庫の近くまで到達した。シェイド以下盗賊団のメンバーはかなり消耗している。
「この先が宝物庫ね」
 アイナが目の前にある重厚そうな扉に手をかけた。
「! アイナくんっ!」
 いきなりシェイドが駆け出した。今にも扉を開けようとしていたアイナの手を掴み、引き寄せる。
 刹那、扉が爆発した。
 爆風で吹き飛ばされるシェイドとアイナ。
「お頭! アイナ!」
 ヴァイドは慌てて二人に駆け寄った。どちらも無事だと知り、安堵。燃え盛る扉の方に視線を移す。
 扉がゆっくりと開き、中から三つの人影が現れた。
「わたくし憤慨していますわ。賊ごときにここまで侵入を許すなんて」
 三人の中央に立つタイトなブルードレス姿の女が、青っぽい色の髪を払った。
「違いねぇぜ、エリアス。かのルーン王国にはあるまじきことだな」
 ドレスの女、エリアスの右隣にいるのはスキンヘッドの男だ。ワインレッドのスーツを着ている。彼の右拳は燃えていた。
「あはは! おもしろいから別にいーじゃーん!」
 エリアスの左隣には、上はジャケット、下は短パン姿の女の子がいた。黄色に近い茶髪をポニーテールにしている。幼い容姿とは裏腹に、背中には長大な剣を背負っていた。
「……よかった。王族親衛隊隊長が来てくれたぞー!」
 傷だらけの兵士が声を荒げた。その兵士の前に、スキンヘッドの男が現れる。一瞬の出来事だった。
 男が兵士の頭を掴む。
「おい、騒いでんじゃねぇよ。王国兵士の……恥さらしがっ!」
「ぐあ……あぁっ!」
 発火した。男の右手が、兵士の体が燃え上がった。焼け焦げた兵士の残骸は、やがて倒れた。
 静まり返る室内。そこにエリアスが言葉を滑り込ませる。
「エルゴの言う通りですわ。わたくし達以外はさがっていなさい!」
「ひぃっ……!」
 自らの上司におびえる兵士達は、一目散に退室していった。
 宝物庫前の室内には、シェイド盗賊団と王族親衛隊隊長である三人だけとなった。
「……ヴァイドくん、アイナくん。逃げるよ」
 シェイドが呟いた。ヴァイドとアイナは彼の言葉に耳を傾ける。
「彼らは『調律師』で、しかも相当な手練だ。今の消耗した僕らじゃ勝つことは難しい。だから……」
 振り向くシェイド。自分の部下達に向け、叫ぶ。
「撤退だ! 急いで船に戻れ!」
 その言葉に最初は戸惑っていた部下達だったが、スキンヘッドの男、エルゴの凶悪な笑みを見て逃げ出す。
「逃がすかよ。おい、セルリー!」
「はいはーい」
 ポニーテールの女の子、セルリーは返事をすると、大剣を抜き放った。勢いよく踏み込む。
 次の瞬間、逃げる盗賊達の頭上にセルリーはいた。盗賊の一人に大剣を突き下ろす。
「『ラクライ』!」
 凶刃は盗賊を頭から切り裂いていき、縦に二分した。
 盗賊は肉塊となり、地に伏した。切断面から血は出ておらず、焦げた臭いと煙を放っている。
「あはは! よわーい!」
 床に突き刺さった大剣の柄に片足で乗り、セルリーは笑った。彼女の全身からはパリパリと音がしている。
「ってめぇっ!」
 激昂するヴァイド。槍をセルリーに向けた。
「ヴァイドくん、落ち着くんだ!」
 シェイドは矢の束をそのまま弓に装填すると、上方に撃ち放った。矢は宙でいくつにも分かれ、セルリー達に降り注ぐ。
「アイナくん、ヴァイドくんを連れて早く逃げるんだ!」
「わかりましたっ」
 アイナはヴァイドの腕を掴み、無理矢理出口へと引きずった。
「行かせるか!」
 盗賊達を追いかけるエルゴ。その頭上にも矢が降る。それらを躱し、舌打ちしてから、エルゴはシェイドの方を向いた。
「てめぇ……死にたいのか?」
「いいや。死にたくないから僕もさっさと逃げるよ」
 そう告げてから、シェイドはもう一度矢を放った。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』3(ライトノベル)


 ケンイチは、騒ぎが起きている場所から離れていっていた。こちらにはあまり兵士がいない。いたとしても、ケンイチはことごとく打ちのめしていた。
 また一人、廊下の端から兵士が出てくる。
「止まれ、盗賊ぅ!」
 兵士により振り下ろされた剣は、ケンイチに届く前に弾かれた。宙を舞う、二本の短剣によって。
「な、なんだそ……」
 言い切らぬうちに、兵士はケンイチに殴り飛ばされた。
 宙を舞っていた短剣は、ケンイチの腰のホルダーに収まった。
 ケンイチはさらに走る速度を上げる。目指すのはこの上の階へと通じる階段だ。上階の玉座の間に、ケンイチは用があるのだ。無言のまま走り続ける。
「姫! どこですかっ?」
 前方から声が聞こえ、ケンイチは足を止めた。腰の短剣に手をかける。
 廊下の奥から、腰に剣を差した若い女が現れた。長くツヤのある黒髪を揺らし、必死に走っている。
「姫ぇー! 返事をして下さ……」
 叫びながら走っていた女剣士は、ケンイチの姿を見ると素早く剣を抜いた。切れ長の両目で、ケンイチを睨む。
「あなた……賊ね?」
「…………」
 ケンイチは質問に答えなかった。代わりに、腰の短剣二本を抜いた。
「賊ね、わかったわ。あなたに一つ訊きたいことがあるんだけど、いいかしら?」
「…………」
 沈黙を続けるケンイチに、女剣士は言い放つ。
「姫を見なかった? 水色のドレスを着た、それはそれは可愛い人なんだけど……」
 ケンイチにはよくわからない質問だった。だから、首を傾げた。
「……そう。困ったわ。姫……いったいどこに……」
 顎に手を当て、思案顔になる女剣士。チラリとケンイチを見て、目を見開いた。
「そうよ! こんなやつらが城内をウロウロしてたら姫が危ないわ!」
 女剣士が剣を構えた。先刻とはうって変わり、剣呑な雰囲気を纏っている。
「……どいてもらいたいんですが」
 初めてケンイチは口を開いた。うつろな目を女剣士に向ける。
「それはできないわ! 王族親衛隊、スピカ姫護衛係隊長、秋実円火(あきみまどか)があなたを阻止するわ!」
 名乗りと同時に女剣士、円火は駆け出していた。反った刃を持つ剣を振り上げる。
 頬をかくケンイチ。
「王族親衛隊に……姫護衛係なんてあるんですか?」
「うるさいっ!」
 振り下ろされた剣は、しかし先程と同じように宙を舞う短剣に防がれた。
「あなたまさかっ……!」
 驚愕に目をむく円火に、ケンイチは拳を放つ。
「はい、『調律師』です」
 パンチは円火を打ち抜くかに見えたが、そうならなかった。円火はとっさに体を傾け、拳を回避していたのだ。
「……そう、だけどね」
 体勢を崩したまま、円火は剣を閃かせる。その刃に真っ赤な炎が灯った。
「それはお互い様よっ! 『炎舞(えんぶ)・真斬火(まぎりび)』!」
 迫りくる炎の刃を、ケンイチは後ろにさがることで躱した。炎により、ローブの一端が焼け落ちた。
「『火の霊泉(フレイム)』の『調律師』ですか……」
 ケンイチは無感情に呟いた。
「そうよ。さぁ、おとなしく捕まりなさい!」
 円火が剣を振るうと、炎がゴウッと音をたてた。
「……それはできません。ボクにはやることがあるんです」
「やること? どうせ城の宝を盗むことでしょ?」
「……違いますよ」
 ケンイチの無表情が、ここで崩れた。鬼気迫るものへと変貌する。円火は気圧され、一歩後退した。
「とにかく……どいてもらいます」
 地面に落ちていた短剣が再び宙に浮いた。まるで誰かが操っているかのように、生きた動きで円火を襲う。
「くっ……」
 なんとか凌ぐ円火に向かって、ケンイチは駆け出した。攻撃すると見せかけ、円火が防御した瞬間にその上を飛び越える。着地と同時に、振り返った。
「失礼します」
「あ、こらぁ! 待ちなさい!」
 追いかけようとした円火だったが、飛来する短剣に阻まれた。
 短剣はヒュンヒュンと風切り音をたて、ケンイチの腰に戻った。
「『風の霊泉(ウィンド)』の『調律師』ね……」
 すでに遠くにいるケンイチを見て、下唇を噛む円火。火を消し、剣を鞘に収めた。
「あ! そんなことより姫を探さなきゃ!」
 黒髪を揺らし、円火は再度駆け出した。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』2(ライトノベル)

 城壁が砲撃によって壊され、中の大広間がむき出しになっていた。
 そこに、飛空挺は着陸した。すかさず機体横の扉が開き、中からの四つの人影が飛び出してくる。
「潜入成功ですね、お頭」
 ニタリと笑ったのは、四人の中で一番長身の若い男だ。ツンツンと跳ねた茶色の髪、鋭い瞳、握られている槍が攻撃的な雰囲気を漂わせている。
「ヴァイド、『潜入』っていうのはねこっそり入ることだよ。これのどこが潜入なの?」
 ヴァイドと呼ばれた長身の男は、隣にいる小柄な少女に鋭い眼光を送る。
「うるせぇぞ、アイナ! だいたい、俺のことは『ヴァイド兄貴』と呼べと言ってるだろ?」
 唾を飛ばしてくるヴァイドに小柄の少女、アイナは嘆息。セミロングの黒髪を揺らし、肩をすくめた。
「呼ぶわけないでしょ? 『兄貴』っていうほど頼りにならないのに」
「またまた恥ずかしがりやがって。『ヴァイドお兄ちゃん』でもいいんだぜ?」
「呼ぶかっ!」
 アイナはヴァイドの頬に拳を叩き込んだ。
「てめっ、この……」
 槍を構えるヴァイド。対し、アイナも腰につけていた鉄の棒を組み合わせて一本の長い棒とし、身構える。
 そんな二人の間に、細身の男が入り込んだ。両掌を二人の前に差し出す。
「こらこら君達、そんなことしてる暇はないよ。ぐずぐずしてると……」
 その片眼鏡をかけた男が言い終わるより前に、大広間に何人もの人が流れ込んできた。全員銀色の鎧を着込み、剣と盾を持っている。
「ぐずぐずしてると兵士が来ちゃうよって言おうとしたんだけど、遅かったみたいだね」
「なに言ってんすか、お頭。どっちみち戦うなら、どこで戦おうと一緒ですよ!」
 ヴァイドはそう言いつつ、迫りくる兵士の一人を槍で吹き飛ばした。
「そうですよ、シェイドさん。戦って突破しましょう!」
 棒を振り回し、アイナも兵士を叩き伏せた。それから敵陣へと突っ込んでいく。
「やれやれ、二人は元気だね」
 苦笑いしながら、片眼鏡をかけた男、シェイドは背中から弓を抜き放った。矢を装填しつつ、後ろを振り返る。
「さぁ君達、行くよ! 宝物庫に向かう者、ここに残ってヴェロシティ号を守る者、二手に分かれるんだ!」
「おおぉっ!」
 背後の飛空挺、ヴェロシティ号の中から何人もの大声が轟いた。機体から、武器を持った屈強そうな男達が飛び出してくる。
 すでに大広間の出口まで達していたヴァイドが、声を張り上げる。
「よっしゃあ! シェイド盗賊団、一世一代の大仕事だ!」
「おおおおぉっ!」
 爆音のような叫び声が上がった。
 そんな部下達の様子を見ながら、シェイドは一言。
「う~ん、僕よりヴァイドくんの方がお頭らしいね……」
 その後、シェイドは隣にいる青年に顔を向けた。
「ま、いいや。とりあえず僕らも行くよ、ケンイチくん?」
「……はい」
 ケンイチと呼ばれた黒髪の青年は、黒いローブを翻らせ、駆け出した。彼に続き、シェイドも大広間の出口へと向かう。
 兵士達を退け、ヴァイド達は大広間を抜けた。真っ赤のカーペットが敷かれた広い廊下に出る。そこに、シェイドとケンイチも到着した。
「盗賊どもがいたぞー!」
 廊下の奥、シェイド達が今から向かう方角から、先程よりも多い兵士達が迫ってくる。
「ワラワラと邪魔だな、一気に突破してやるよ」
 ヴァイドが槍を前に突き出したまま静止した。しばらくして、槍の先端からバチバチと音が鳴る。雷だ。青光りする雷が刃を取り囲んでいた。
 青白い光を浴びるヴァイドの口元が、不敵な笑みを作る。
「くらいやがれ」
 ヴァイドが槍を引き、突き出す。すると、刃を纏っていた雷が弾丸のごとく飛び出していった。
 向かってきていた兵士達は、雷に当たると感電して倒れた。衣服のところどころが黒く焦げている。
「き……気をつけろ! 『調律師(チューナー)』がいるぞ!」
 攻撃を免れた兵士の一人が叫んだ。
「そうだ! 俺は『雷の霊泉(サンダ)』を操る『調律師』、ヴァイド・レインスだぁ!」
 槍を天に突き上げ、高々と宣言するヴァイド。その頭をアイナが小突く。
「カッコつけてる場合じゃないでしょ! さっさと行くよ」
「はいよ」
 走り出すヴァイドとアイナの前に、さらに兵士達が現れた。
 二人の元に、遅れてきたシェイド達が加わり、兵士達と交戦する。
 刃入り乱れる中、ケンイチだけはなにもしていなかった。戦いから少し離れた位置につっ立っている。
「おい、ケンイチ! おまえも戦えや!」
「こら新入りっ、ちゃんと働けー!」
 ヴァイドとアイナの怒号が飛ぶが、ケンイチは動かない。それどころか、進行方向とは逆の方を向く。
「すいません、皆さん。ボクはちょっと外れます。帰りに間に合わなかったら、置いていって構いません」
 言い残し、ケンイチは反対方向へ走り出した。
「ケンイチ、てめぇ!」
 叫ぶヴァイドの頭上に、兵士の剣が迫った。それを、アイナが弾く。
「ヴァイド、油断しない!」
 注意しつつ、アイナもケンイチの方を一瞥した。ケンイチの背中はもう小さくなっていた。
「ぎゃあ……!」
「!」
 悲鳴が後ろで上がり、アイナが振り返ると、そこには頭に矢の刺さった兵士がいた。しばらくして兵士は倒れる。
「ヴァイドくん、アイナくん、二人とも集中だ! ひとまずケンイチくんのことはほうっておこう。あとで無線を使って呼べばいいさ」
 言葉を投げかけながら、シェイドは何度も弓を引く。その度に、ヴァイドとアイナの周りにいた兵士達が倒れていった。放たれる矢は時に加速し、時に不規則な軌跡を描いている。
「くそっ……あの眼鏡も『調律師』だ! 警戒し……がっ!」
 他の兵士達に指示を出していた少し階級の高そうな兵士が、アイナに殴られた。
「わたしもそうだよ!」
 兵士はどんどん増えるが、シェイド盗賊団の勢いは止まらない。

『復讐の幻想曲(ファンタジア)』1(ライトノベル)

序章、夜想曲(ノクターン)の終わり

 誰かがピアノでも弾いているのか、穏やかな音色が夜空に響き渡っていた。
 ルーン王国の首都。ルーン城が中心にそびえている城下町ソングは、毎夜と同じ静かな夜を過ごしていた。
 城以外の建物が明かりを消し、世界が闇に包まれた時分。それは起こった。
 突如、爆音が轟いた。
 町中の建物に明かりが灯った。戦争でも起きたのかと、町民達が次々に家から姿を現す。音のした方角に顔を向け、息を呑んだ。
 四層あるルーン城の三層目、そこから黒い煙が上がっていたのだ。目を凝らせば、黒の隙間に真っ赤な炎が見える。
「……なんだ? なにが起きてるんだっ?」
 騒ぎ立つ民衆。先刻までの静けさが嘘のように、町は喧騒に包まれた。
 誰かが大声を上げる。
「おいっ、見ろ! なにか出てくるぞ!」
 彼の指差した方向に目を向けると、黒煙の中から巨大な物体が出現した。
 大きな翼を持つそれは飛空挺だった。城と比べてみるとわかるように飛空挺としては大きく、大人数が乗ることができるタイプだ。甲板には大砲が備えられている。
 その鈍色の飛空挺が城に機体を寄せた。風圧で煙が消え去り、破壊された城壁があらわになる。
 民衆はそれで悟った。城が何者かに襲われたことを。
 阿鼻叫喚となる城下町。ピアノの音など今やまったく聞こえない。
 夜想曲(ノクターン)は終わった。静寂は、完全に壊れたのだ。

『カギビト』50(ライトノベル)


 舞台袖からステージに現れた青年の姿を見て、楽美、愛凛、正則は笑顔になった。
 楽美は場所をあける。そこは、今登場した青年の場所だ。
 蒼いギターを肩に背負い、ヘッドフォンを首にかけた青年。そう、『クール』こと氷鉤蒼眞の場所だ。
 蒼眞はマイクスタンドの前に立ち、全力で叫んだ。
「遅れて悪いな! さっそくいくぜ! 『STARTER』!」
 蒼眞の雄叫びで、曲が始まる。ハイスピードなナンバー、『STARTER』だ。
「わあああぁぁぁあぁぁぁぁぁー!」
 観客の大絶叫で、ステージ全体が大きく揺れた。
 クランチに設定した音で、蒼眞はギターを掻き鳴らす。トップノートだけを変え、曲のテンションを保った。
 そこに愛凛のブライトで伸びのある旋律が乗る。
 正則はフットペダルを二つ使用し、バスドラムをテンポよく叩いた。
 楽美はエイトビートをパワフルに刻み、曲の地盤をしっかり固める。
 バンドメンバー全員の心が揃った時、『コバルトブルー』は完成間近となる。後一つ、涼やかな声がメロディに 乗れば、完成だ。
 蒼眞は歌い始める。
 テクニカルなミュートを絡めたリフが目立つAメロ。
《ここから始まる君のストーリー
 ノンストップで駆け抜けよう
 いつも前を見て 振り返らず 走ってみたい》
 ベースラインが鮮やかなBメロ。
《悲しいこともやっぱり起きるけど 関係ないんだ
 行けるところまで
 最終的には翼はためかせ 大空飛び出せ》
 疾走感が爆発するサビ。
《この広い世界は僕だけの 君だけのもの
 遥か先の未来を手に入れてみせるよ 必ず》
 衰えるどころか、さらにテンションを上げていく二番。
《終わることのない君のストーリー
 次のステージへ突き進もう
 いつも前向きで クヨクヨせず 笑っていたい
 辛い世界が立ち塞がるけど 関係ないんだ
 行けるところまで
 最終的には君だけの夢を掴め
 掴む
 この眩しい光は僕だけの 君だけのもの
 まだ見ぬ明日へ飛び出して
 Yeah》
 蒼眞が叫び、愛凛のギターソロが始まる。抜けのいいサステインは観客の心に鮮やかな光を想像させた。
 ソロの終わり近く、蒼眞と愛凛のギターがユニゾン。オクターブ違う音達が共演した。
 『コバルトブルー』が、観客が、最も盛り上がるサビ。
《この広い世界は僕だけの 君だけのもの
 遥か先の未来を手に入れてみせるよ 必ず
 ああ 闇の果てに見えるだろう 輝く光が》
 最初のアルペジオに戻り、曲が終わった。
 それでも、終わらない。
 終わらない。
 曲は終わっても、終わらない。
 興奮が。
 歓喜が。
 感動が。
 終わらない。
 観客は、いや、『コバルトブルー』のメンバーでさえ、息を呑んだ。
 拍手は起きない。
 起こせない。

 鮮やかに紡がれた曲は、聴いていた人々に様々な想いを抱かせる。
 清谷舞依はこれから友達ともっと仲良くしようと思った。緋色や、蒼眞や、木塚や、佐山とさらに絆を深めようと誓った。
 小橋楽美はもう一度プロのベーシストを目指そうと決意した。やっぱり音楽は楽しいと、心の底から感じた。
 桐崎将悟は自分の胸に刻む。強くなる、と。自分に負けないように強くなると、欲望に負けないように強くなると。
 夏代朱色は生きていくと決めた。緋色とともに、蒼眞とともに、彼らと同じ世界で生きていくと決めた。
 佐山春雅は人間の強さを感じた。人間はこんなにも眩しいのかと驚き、自分もそんな人になりたいと望んだ。
 夏代緋色はもっと誰かの闇を取り除いてあげようと思った。大事な人達のためにもっと努力がしたいと思い、想った。
 氷鉤蒼眞は改めて気づいた。闇の果てには必ず光があると、そう気づいた。
 闇を乗り越えた人は再び、以前より輝きを増すことができる。現に、蒼眞が見てきた人達はそうだった。
 だから、蒼眞は思う。
 闇は人を強くするために必要なのだ、と。
 つまり、闇は最初から消されるために存在している。人が乗り越える壁としてあるのだ。
 蒼眞はそう確信できた。
 なぜなら、闇の果てには必ず光があったから。必ず笑顔があったからだ。

 静まり返ったホールで、蒼眞は不敵に笑う。
「じゃあ、二曲目いくか?」
 涼やかな声を皮切りに、歓声が湧き上がった。

おわり

『カギビト』49(ライトノベル)


 『ロッカーズロッカー』。Aホール。ステージ上。
 ライブ開始まで五分を切った。
「どうしよ~。もうお客さん来てるよ」
 ステージにかけられた幕の間から、楽美は外の様子を窺った。ホール内はすでにラッシュ時の満員電車のようだ。
「ひ、氷鉤先輩……」
 すでに準備を終えている愛凛は、ギターのネックをギュッと握った。
「まったく蒼眞くんは……。ヒーローは遅れて登場するとでも言いたいのかな?」
 軽口を叩く正則も声のトーンは低め。少なからず蒼眞を案じているようだった。

 Aホール。ステージ近く。
「氷鉤くん……」
 緋色は呟いた。
 もう一つ、彼女の脳内でも呟き。
[蒼眞くん……。やっぱりなにかあったのかな?]
 朱色の声はどうしようもなく小さい。
 二人の少女は、揃って俯いた。
「ひーいろ!」
 緋色の背中に、快活な声が浴びせられる。
「舞依ちゃん……?」
 振り向いた緋色の前にいたのは、清谷舞依だった。
 舞依は半ベソの緋色を見ると、表情を曇らせた。
「緋色、どうしたの?」
「うん……氷鉤くんがまだ来てなくて……。このままじゃライブ中止になっちゃうし、もし、氷鉤くんになにかあったんなら心配だよ……」
 シュン、と緋色は小さくなった。
「たしかにそれは大変ね……でも」
 舞依は緋色の肩をポンと叩く。
「大丈夫よ。氷鉤は来るわ」
 やけに自信たっぷりと告げる舞依に、緋色は眉を寄せる。
「どうしてそんなこと……」
 と、そこで緋色に疑問が生まれた。
「あれ? そういえばなんで舞依ちゃんがいるの?」
 当然の質問に、舞依はシレッと答える。
「氷鉤に誘われたからよ」
「え?」
 目を丸くする緋色。
[まさか、蒼眞くん、舞依ちゃんのことが……]
 動揺する朱色。
 彼女の不安は、次の舞依の言葉で解消された。
「なんかあたし以外にもチケット渡してたわよ。たしか、桐崎だったかしら?」
「?」
 緋色の疑問はさらに膨れ上がった。

 『ロッカーズロッカー』近くの路上。
 佐山と木塚はほぼ同時に目覚めた。
「……俺らなにしてたんだっけ? ワットイズ俺達?」
 木塚は頭をボリボリと掻いた。
「さぁ?」
 両手を上げる佐山。
 彼は裏人格の佐山ではなく、表の佐山だ。ちなみに今の彼にはもう裏の人格はなく、『鍵人』の記憶もない。もちろん、闇もない。
「あれ? これなんだろう?」
「ん?」
 佐山が指差したものを、木塚が拾い上げた。
「チケット?」
 それはまさしくチケットだった。『コバルトブルー・ライブ』、と書いてある紙が二枚。
「僕達、ここに向かってたのかな?」
 佐山がチケットの裏を見ると、ライブ会場はここのすぐ近くだった。
「う~ん、そうかもな……。とりあえず行ってみっか。もう始まっちまうしな」
「そうだね」
 チケットを握り締め、二人は駆け出した。

 『ロッカーズロッカー』Aホール。
 ステージの幕が開いた。
「わあぁぁあぁぁぁぁぁー!」
 男の声、女の声、轟音がホール内に反響する。
 しかし、その爆音のような声は、幕が完全に開いた瞬間、水を打ったように静かになった。
「……あははは。やっほーみんな……」
 ステージの上には三人しかいなかった。ドラムの正則。リードギターの愛凛。ベースの楽美だけだ。蒼眞は不在だった。いつも蒼眞がいる場所には、苦笑を浮かべている楽美がいる。
「あれ? 今日は『ラック』が歌うの?」
 『ラック』とは『コバルトブルー』での楽美の呼び名だ。バンドのホームページでメンバーの交代は知らせてあったので、ファンは彼女を認知していた。
「『クール』様は?」
「まだ準備中なのかな?」
「ちょっと、『クール』を出してよ!」
「『お嬢』可愛い……」
「『ラック』の方が可愛くね?」
「もう一度『姫』に会いたい……」
 様々な声が溢れ、瞬く間に喧騒に呑まれていくホール内。
「えーとね……『クール』はまだ準備中みたいだから……ちょっと待っててね」
 楽美がみんなをなだめるも、騒ぎは収まらない。

「あーあ、どうしよう?」
 騒ぎ出す人々に紛れ、困惑する緋色。
[蒼眞くんに会いたいな……]
 彼女の脳内で朱色が呟いた時、ホール内にメロディが響いた。煌びやかアルペジオ。とてもクリーンなギター音だ。
 再び静まり返る観客。
 その場にいる誰もが、ある男の登場を予感した。
プロフィール
ゆない。と申します。

ゆない。

Author:ゆない。
ゆない。です! 作家を目指してます!

Author:ワキオ
ゆない。と共に作家を目指しています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者様カウンター
訪問ありがとうございます!
ランキング
ゆない。のランキングです。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
ゆない。のブロともですよ!

kitutukiブログ~みんなの趣味日記~

Stories of fate

君の知らない玉手箱

草を食む時間 ~The Grazing Time~

ajggjgjgdrikdikfff

月と氷

ようこそここへ!

夢の島を遊ぶ

あかねいろ*

かき氷2色スペシャル

カミツレが咲く街で

空のぺえじ

狂原さんのクルクル日記
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3811位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
950位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ゆない。がオススメするブログです! こちらもぜひ!
ブロとも申請フォーム
皆さんブロともになってください!

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。