スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『LOST RAIN』(ショートショート)

 前ぶれもなく降り始めた突然の雷雨に、フロントウィンドウでせわしく動くワイパーも押され気味だ。こんなじれったい視界になるたびに、近ごろ達也(たつや)はこう思う。
 この20年落ちのくたびれたステーションワゴンにも、いい加減別れを告げないとな、と。
 ヘッドライトを点灯させ、車体を叩きつける雨音にかき消されぬよう、ラジオのボリュームを少しだけ上げた。と、そのとき、ふとある曲が達也の耳に入ってきた。
『最後の雨・中西保志』
 今から19年前。ドシャ降りのあの日も、達也はこのステーションワゴンを走らせ、そしてスピーカーからは今と同じく、透明感のある温かい歌声が流れていた。
 雨はなお一層強さを増し、すぐ近くで稲妻が奔った。
「…………」
 達也が何事か呟いた。人の名前のようだったが、激しく響く雷鳴にかき消され、声の形を成していなかった。
 達也の脳裏に、この車を買ってまだ間もなかったころのあの記憶が、よみがえってきた。

 その日も酷い雨だった。
 走行距離1万キロにも満たないステーションワゴンを繰り、達也は山道を下っている。
 カーステレオで大好きな曲を聴いているのに、ステアリングを握る達也の表情は曇っている。こんな道を通るんじゃなかったと、後悔しているのだ。
 この山道は、晴れた日でも視界が悪いことで有名だ。霧がよく出る。加えて、本日は雨。しかも土砂降りとあっては、視界は最悪で、前がほとんど見えない。
 それなのに、なぜ達也がこの道に来たのか。理由は簡単。買ってから一年経つこの車で、山道を走ってみたいと思ったからだ。
 それが失敗だった。晴れの日を狙って行ったのだが、山の天気は気紛れだ。ややもしないうちに豪雨となった。
 だが、後悔しても仕方ない。今達也が気にかけることは、とにかく安全に山を下りることだ。
 慎重にステアリングを繰る達也。道路の中央線を頼りに、ゆっくりと車を走らせる。
 突如、視線の先で白いなにかが動いた。雨で判然としないが、対象物は大きい。
「っ!」
 達也はブレーキを踏み込んだ。白い物体にぶつかる寸前で、車は急停止した。
 達也の全身にドッと汗が溢れる。遅れて心臓が肋骨を打ってきた。
 だが、達也に放心している余裕などない。こんな道のど真ん中で停車していたら、後続車に追突されてしまうかもしれないと思い、急いで車を路肩に移動させた。
 続いて、素早く車を降りた。現れた謎の物体のほうに、駆けていく。
「あっ……!」
 と声を上げてから、達也は息を呑んだ。
 『物体』ではなかった。白いなにかは、『少女』だったのだ。
 年齢は十歳前後、長い黒髪が特徴的な、可憐な少女だ。達也が白いと思ったのは、彼女が白っぽい花柄ワンピースを着ていたからだ。今は秋だというのに、そのワンピースは半袖で、明らかに夏物だった。
「…………送って」
 呆然としている達也に向かい、少女が言った。酷い雨音の中でも聞こえる、不思議で透き通った声だった。
 それでハッとした達也は、慌てて彼女を路肩に移動させた。その際に掴んだ彼女の手は、震え上がるほどに冷たかった。
 ひとまず、達也は彼女を助手席に乗せた。タオルを渡してやってから、問う。
「君は誰? どうしてこんな場所に立ってたんだ?」
「…………送って」
 達也の質問には答えず、少女は先刻と同じ台詞を口にした。
「送ってって……どこにだよ? 両親のとこか?」
 少女の濡れた黒髪が左右に揺れる。
「……違う」
「じゃあどこだよ?」
 少女は後ろを振り返り、これまで達也が来た道のほうを指差した。
「……山の頂上」

 達也は車を走らせている。山の麓ではなく、頂上に向かって、だ。
 結局、達也は謎の少女の頼みを承諾していた。そうさせる奇妙な力が、彼女にはあったのだ。
「ところで君、名前は?」
「……アミカ」
「アミカちゃんか。で、親はどこにいるんだ?」
「……遠いところ」
「遠いところ? それって車でどのくらい時間かかる?」
「……車じゃ行けない」
「……え? そんなに遠いの?」
「…………すごく……すごく遠いところ」
「じゃあ質問を変える。なんでアミカちゃんは、あんな場所に立ってたの?」
「……待ってた」
「待ってた? 誰を?」
「…………あなたみたいな人を」
 少女が自分に目を向けてきた時、達也はドキリとした。恐怖なのかなんなのかわからない感情が、一気に溢れた。
「そ、それはそうと、なんでアミカちゃんは頂上に行きたいの? やっぱりそこに両親が待ってるんじゃないの?」
「……違う」
「じゃあなぜ?」
「……行かなきゃいけないから」
 まるで答えになってない。達也は眉をしかめた。
「なんにしても、君の親って酷いね。小さな君をほったらかしてどこか行っちゃうなんて。勝手だね」
「……違う。勝手なのはアミカのほう」
「え? まさか……家出でもしたの?」
「……家出よりも、もっと酷いこと。アミカはもう……」
 そこでアミカは口を噤んだ。苦しそうな顔をしていた。
 それ以降、達也も口を開くことはしなかった。
 やがて車は、頂上と呼べる高さの場所まで来た。そこにはちょっとした休憩所があり、達也はその一角に車を停めた。
 目的地に着いたらアミカはすぐに降りるのかと思っていたが、達也の予想に反し、アミカは座っていた。
「この曲……ママとパパも好きだった」
「この曲? ああ、これね」
 いつの間にか、曲がリピートされていたようだ。
「……最後にもう一度、ママとパパに会いたかった」
 曲に紛れて聞こえた声は、震えていた。
「……最後? 最後ってどういう……」
 達也の言葉を遮り、アミカは車を降りた。雨に濡れながら、崖のほうに歩いていく。
「アミカちゃんっ?」
 焦って達也が追いかけると、アミカが達也に向かって言った。
「ありがとう。あなたのおかげでアミカは天国に行ける。ここからなら、すぐそこだから」
「…………天……国?」
「うん。アミカね、もう死んでるの。あなたに会ったあの場所で、車に轢かれたの」
「…………」
 達也は思い出した。夏頃、この付近の山道で少女が車に轢かれて死亡したというニュースを。
 夏頃。だからアミカの服は夏服だったのかと、達也は変なところで納得していた。
「あの時、アミカが勝手に車を降りなければ、ママとパパを悲しませることはなかったのに……」
 雨に濡れたアミカの横顔は、まるで涙を流しているみたいだった。
「……さよなら、親切なお兄さん」
 アミカは崖に飛び出した。
「アミっ……!」
 達也の声は途中で切れた。アミカが光となって消えたからだ。
「…………」
 未だに雨は、土の地面を静かに濡らし続けている。これがアミカにとっての最後の雨だ。
 開いたドアの隙間からは、お気に入りのあの曲も流れていた。

 回想から舞い戻った達也は、車を路肩で休ませ、ぼうっと助手席を眺めていた。スピーカーからはDJとゲストの他愛ない会話が流れていた。
 いつの間にか、ワイパーは乾いた音をたてながら苦しそうに動いていた。おかげで、達也の呟きは声の形になって落ちる。
「……アミカちゃん」
 あの日に会った少女、アミカ。彼女のことが忘れられなくて、達也はこのステーションワゴンに乗り続けているのだ。確かにあの時、アミカが乗った車だから。
「……もうしばらく頑張ってもらうとしますか」
 達也はそう呟きながら、ワイパースイッチをオフにし、アクセルをそっと踏み込んだ。
 雲間から覗く日の光は、あの時の光を彷彿とさせるかのようだった。

おわり
スポンサーサイト

『ネオンの幻』(ショートショート)

 夕暮れから夜に変わる時分。空が橙から紫へ、端は漆黒へと移っている。
 街だ。ネオンで彩られた賑やかな駅前は、仕事帰りのサラリーマンで溢れている。
 中島(なかじま)もその一人だ。
 中島がネクタイを少しだけ緩めながら道を歩いていると、どこか見覚えのある女性が彼のほうに向かって歩いてきた。中島は失礼ではない程度に、彼女に視線を送る。
 すれ違いざまに、その女性も中島へ一瞬だけ目を向けたが、そのまま通り過ぎていってしまった。
 『あの人は……?』と頭をひねる中島。しばらくして思い出した。先程の女性は恐らく、高校の同級生『木村美智子(きむらみちこ)』だ。
「木村さん、ねぇ待って、木村さんですよねっ?」
 くだんの女性は、中島の二回目の呼びかけで振り返った。
「え? 私を知ってる? ということはやっぱり……」
 木村は目を見開き、息を呑んだ。そんな彼女の台詞の続きを、中島が継ぐ。
「そう、中島だよ! 高校のときの! 覚えてる?」
「……ええ、覚えてるわ。覚えてるけど……」
 木村の言葉は、やけに歯切れが悪い。彼女は未だ見開いた目で、中島をまじまじと眺めている。相当に驚いているようだ。
 中島はその態度の理由を、久しぶりに再会したせいだと解釈する。確かに二人とも、あの頃に比べたら色々と変わっているから、びっくりするのも無理はない。
「驚いた? でも、僕もびっくりしたよ。まさか、君がそんなに綺麗になってるなんて……」
 中島にしてみればお世辞のつもりだったが、木村にはそう伝わらなかった。彼女は眉をしかめる。
「なにそれ? 昔はブスだったって言いたいの?」
「ち、違うよっ」
 中島は首も折れよとばかりに、頭を振って否定した。
 『それを言うなら……』と、木村も反撃に出る。
「中島だって、かなり変わってると思うけど? さっきすれ違ったとき、別人だと思ったもの」
「あははは、そうだろうね。どう? 前に比べてかっこよくなった?」
 短めの前髪をかき上げ、中島は笑った。さわやかな好青年という感じだった。
「…………そりゃ、まぁ、かっこよくなったわよ……」
 木村の態度がまたも釈然としないものになった。中島を上から下まで、見ている。
「だったらよかったなぁ」
 中島は照れたように笑った。少年のような笑みだった。
「あの……中島さ、高校の頃からそうなりたかったの?」
 遠慮がちに尋ねる木村。
「そうだよ。木村とよく一緒に遊んだのも、実はそういう狙いがあったんだ。木村を狙ってたわけ」
「…………」
 木村は黙った。夜のネオンがごまかしてくれたが、彼女の顔は蒼白になっていた。
「でも大丈夫だよ。今は彼女、ちゃんといるからさ」
 ハッと我に返る木村。
「か、彼女? 彼女がいるの?」
 『驚愕』と、木村の顔には書いてあった。
「おいおい、失礼だな。この年になった男に彼女の一人くらいいてもいいだろ?」
 中島は冗談っぽく喋るが、木村のほうは真剣だった。
「彼女さんは、中島のことをなんて言ってるの?」
「え? 『愛してるよ』って言うよ」
「……そう。中島のことをちゃんと理解して付き合ってくれてるのね?」
「当たり前だろ。僕のことは全部話してあるよ」
「……そう」
 硬い表情のまま、木村は頷いた。
 その時、中島のポケットから電子音が響いた。携帯電話が鳴ったのだ。中島は『噂をすれば、彼女からだ』と言って電話に出た。
 それから楽しそうに電話をする中島を残し、木村はその場を離れた。複雑な心境のまま、そこにとどまることができなかったのだ。
「おい、木村っ?」
 焦ったような中島の声を背に、木村は足早にその場を去っていった。

 そこから少し離れた路地裏で、木村は足を止める。
 まだ動悸が続いていた。中島に対するあらゆる感情が溢れて、制御できない。
「まさか……」
 自分の気持ちを整理するかのように、木村は独語する。
「まさか……中島が『男になってる』なんて……」
 『信じられない……』という台詞は、喉の奥に引っかかった。
 『中島美咲(みさき)』。
 先ほど会った級友の本名を思い出しながら、木村は再び歩き出した。路地裏から出る。
 再び騒がしい夜の街になった。様々な人が行き交っている。木村もその流れに加わった。
「そういえば中島……今は名前変えてるのかしら?」
 はたと足が止まる。しかしすぐにまた、両足は動き出した。
「……どうでもいいわ」
 中島が女だろうと男だろうと、木村には関係ない。改名しているかどうかなど、さらに無関係だ。人は人。それぞれの人生がある。
 頭を振り、木村は歩く速度を早める。中島に出会った今夜のことは、街のネオンが見せた幻だと思うことにした。

おわり
プロフィール
ゆない。と申します。

ゆない。

Author:ゆない。
ゆない。です! 作家を目指してます!

Author:ワキオ
ゆない。と共に作家を目指しています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読者様カウンター
訪問ありがとうございます!
ランキング
ゆない。のランキングです。

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧
ゆない。のブロともですよ!

kitutukiブログ~みんなの趣味日記~

Stories of fate

君の知らない玉手箱

草を食む時間 ~The Grazing Time~

ajggjgjgdrikdikfff

月と氷

ようこそここへ!

夢の島を遊ぶ

あかねいろ*

かき氷2色スペシャル

カミツレが咲く街で

空のぺえじ

狂原さんのクルクル日記
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
696位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ゆない。がオススメするブログです! こちらもぜひ!
ブロとも申請フォーム
皆さんブロともになってください!

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。